医療の国家資格

どういった仕事か

お店

理学療法士とは、病院やクリニック、介護関連施設や保健所、リハビリセンターなどで主に働いており(PT)とも呼ばれています。運動を主体とした治療や支援を行い、ケガや病気などで日常動作に支障がある方、障害が予想される方に対して自立を目指し個々に合ったプログラムを作成し、支援していく国家資格です。 理学療法士は、免許を持った人でないと名乗ることができないので、高等学校卒業後、指定された学校や養成施設で3年以上学び、卒業して受験資格が得られます。 現代は徐々に高齢化が進んできているので、通所や訪問などのリハビリテーションや、スポーツの分野においてもケガの処置などで理学療法が用いられ、理学療法士の需要は無くならならず、また、研究者としての道もあるため、学校でしっかりと学ぶ為には3年生の学校よりも、4年生の学校のほうが余裕をもって学べるためそちらの方が望ましいかと思われます。他にも、住宅環境の相談にのったり、福祉用具の使用方法などの助言も行ったりするので理学療法士としての幅広い知識が必要となります。

自分に合った選び方

余裕をもって、学んだり、大学院に進むためには4年生の方が良いのかもしれませんが、リハビリテーションの医療の世界においては、学歴よりも実戦や経験のほうが影響されることがあるので、1年間の経験の違いで変わってくるかもしれません。自分に合った学校を探すことが重要です。 資料収集から、学校見学まで自分がどんな道に進みたいのか明確にしておくことでスムーズに学校を選ぶことが可能です。また、実際に働くことになっても対象者は千差万別です。その方に合ったやり方を一緒に探したり、時には相談にのったりしなければならないので、判断力と応用力、正確で豊富な知識、もちろんある程度の体力も必要となります。また思いやりの心も大事な要素の一つです。